登录  
 加关注
查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

Japan China 朋友

 
 
 

日志

 
 
 
 

感動のコンサート  

2010-07-11 11:09:37|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
 

 

 

きのう感動のコンサートがありました。私は決して忘れないでしょう。私の友人で盲目のジャズピアニストがいます。私のCDも編曲してくださいました。ところが数ヶ月前音信不通。やっと探したに病院に入院していました。携帯もかけられないのでどこにいるかわからなくなってしまったのです。

 

心臓の病気でかなり悪いらしいです。病院からちょっと前に帰ってきました。おととい電話で話すとときどきこのままあの世へ行ってしまうような苦しさが来るのでまだ生きなくてはいけないと言い聞かせて持ち直しているとのこと。

 

昨日は六本木で私のプロデュースしている福祉の大きなイベント。彼は何とかこれに気ました。最初から苦しそう。お母さんと一緒でした。

 

今回は彼の曲もかなり多く演奏されます。バンドで練習する暇がなかったので本番前のリハーサルのみ。客席でお母様とお話。

 

言われるには何か月前にもう持たないと医者に宣告されている。かわいそうで看病して何とか今日までもった。来週に病院に行って手術できるか検査。これがだめなら難しい。とのこと。本人もお母様も是が最後と思ってきているらしい。

 

この衝激の言葉をきいて胸が苦しくなりました。責任者だけに話して他の人には秘密。車いすや救急車も呼べる体制を整えておきました。

 

コンサートが始まります。オープニングは彼の作曲の軽快な私のとても好きな曲。背をそらせながらキーボードを弾いていますが、きっと苦しいのでしょう。それをみていると涙が流れてきて客席から出てしまいました。

 

休憩時間も苦しそう。でも2時間半頑張りました。相当消耗はしていたと思いますが楽しそうでした。実行委員長の80代の重度障害の方に「私は心臓病になってしまった。あなたより先に死ぬかもしれない」と挨拶していました。

 

私は「家に着いたらヤレヤレと思わないでこれからやることを考えようといいました」帰宅時というのは意外と危険なのです。

 

私もここ何カ月でやっていただきたいこともあるので頑張ってほしいです。二人揃ってタクシーで帰られました。

晴れやかな顔をされていました。

 

是が最後のコンサートにならないことを祈ります。

  评论这张
 
阅读(61)| 评论(0)

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018