登录  
 加关注
查看详情
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

Japan China 朋友

 
 
 

日志

 
 
 
 

歴史的仮名遣い  

2010-01-17 14:47:43|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 

「歴史的仮名遣い」

 

「歴史的仮名遣い」というのをご存知ですか。日本での「かな」の使い方は「現代仮名遣い」と二種類あります。どちらも使われて良いのですが、今の日本では「歴史的仮名遣い」はほとんど使われていません。ですから見たことのあるかたは少ないと思います。

 

たとえば日本にこられて「古本屋」にいって40年前くらいの本を開いてみると、「この日本語の文章はへんだなあと思うでしょうね」

 

50音で言うと違うのはワ行  「わ ゐ う ゑ を」「ワ ヰ ウ ヱ ヲ」 となります。

 

 

たとえば是は「檸檬」と言う有名な小説です。読んでみてください

「えたいの知れない不吉(ふきつ)な塊が私の心を始終圧へつけてゐた。焦燥と言はうか、嫌悪と言はうか――酒を飲んだあとに宿酔(ふつかよひ)があるやうに、酒を毎日飲んでゐると宿酔に相当した時期がやつて来る。それが来たのだ。これはちよつといけなかつた。結果した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くやうな借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。以前(いぜん)私を喜ばせたどんな美しい音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなつた。蓄音器を聴かせて貰ひにわざわざ出かけて行つても、最初の二三小節で不意に立ち上つてしまひたくなる。何かが私を居堪(ゐたま)らずさせるのだ。それで始終私は街(まち)から街を浮浪し続けてゐた。 」

 

圧へ

言はうか

あるやうに

ゐると

貰ひに

しまひたくなる

続けてゐた

 

最近は現代かなに直してありますが、私が初めて、明治時代の作品を読もうとしたらみな(歴史的仮名遣いー旧カナともいいます)でした。

 

今でも歴史的仮名遣いで小説を発表している人はいます。日本の古典はすべて歴史的仮名遣いです。日本人はここ30-40年でこのかなの使い方になったのですね。

 

是は慣れるしかないのですが、こういう仮名遣いがあるのだということを今回は知っていただければいいです。そして読めるようになったら日本の古典も是非読んでくださいね。

  评论这张
 
阅读(99)| 评论(0)

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018